スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

スケール検定

先日私が所属する和歌山バスティン研究会のスケール検定が行われました。

3か月に一度開催されるこの検定、千里バスティン研究会さんのスケールグレードを参考に
和歌山バス研でも取り入れさせていただいております。


導入の生徒さんはスケールとそれに対応したバスティンテクニックの本の課題を弾きます。
初級の生徒さんからは対応したテキストのスケールとアルペジオを弾きます。


・・・でもそれがなかなか大変


ミスは勿論、指番号やテンポのゆれなど細かーーーーいチェック項目があります。


でもそれくらいしないとなかなかスケールとアルペジオって進みませんよね

1つ合格ごとにスタンプが押され、5個集めると銅メダルがもらえます。


そして、この度私の生徒ちゃんが初めてメダルを頂きました~
スケール

おめでとう

他の生徒さんもまた次のスケール検定を目指して進めてね
スポンサーサイト


2013/09/13 | 14:09
バス研コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Fun Fun Piano日記@和歌山 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。