グレンツェン公開レッスン

突然ですが、の地名、読めますか?
喜連瓜破


って、関西(特に大阪)の人なら読めますよね(笑)
しかも下にローマ字で書いてるやん!!

これ、「きれうりわり」って読むんです。
大学時代もこの駅で降りたことがなくて、谷町線に乗った時も通過するばっかりだったんですが、
今日初めてこの「きれうりわり」で降りました。

なぜ喜連瓜破で降りたかというと、グレンツェンピアノコンクール公開レッスンがあったからです。

私が会場であるクレオ大阪南に着いたのは12時半過ぎ。
既に受付は始まっていて並んでいる人もいたけれど、ホールに入ると人はまばら。
席を探していると、1月のM先生宅でのレッスン見学の時にお世話になった
N先生がスタッフとしていらっしゃいました。

N先生、お忙しい時に声かけてしまってすみませ~ん

そうこうしているうちに、開始時刻に。
着いた時にはまばらだった会場もほぼ満席になっていました。

講師は香川大学教授の柳井修先生。

骨格や筋肉がまだ未発達な幼児期にどう指導すればいいのか、など分かりやすくレクチャーして下さいました

小学生や中学生の課題曲でも、今まで漠然としかとらえていなかった部分が
「なぜそう演奏しなければいけないのか」はっきりと確信することができました。

ところで今日の公開レッスンでは、開始時刻に来られていないレッスン生が何人かいて、
順番変更などN先生はじめ、会場係の先生方はとても大変だったと思います・・・
本当にお疲れさまでした。


さ~、これをもとに自分なりにまとめてレッスンに臨むぞ~~!!
その前に発表会があるけど・・・・

 にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
スポンサーサイト


2010/07/10 | 22:22
セミナーコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Fun Fun Piano日記@和歌山 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?