ドン・小西~♪

ウチの子供たちも一応・・・ピアノをやっています。
でも全員マイペースなんですけどね。

長男(小4)は年中から小2までY音楽教室に通っていたのですが、
J科が修了した時に「もうYはやめてママに習う」と言ってそれから自宅教室です。

二男(小2)は広汎性発達障害で自閉っ子です。
身体のつくり?動き?がマニュアルっぽいところがあるので
なかなか柔らかい音が出せませんが、視覚優位なのも手伝ってボチボチ進んでいます。

長女(小1)も同じくY音楽教室に通っていましたが、
お兄ちゃんがやめてしばらくすると「私もママに習いたい」と言い出し、
ちょうどその頃レッスン日と二男の療育の日が重なったのもあり
それ以降私が教えています。
かれこれもうすぐ1年になります。


・・・・前置きが長くなりましたが、
昨日長女が今度出るグレンツェンの練習をしていました。
グレンツェンピアノコンクール 小さなロンド
左手の小節をまたぐ部分が単独だとちゃんと弾けるのに両手で弾くとつられて切れてしまう娘。

「そこはさぁ、『タン・タリラ~♪』って繋げて弾かれへん?
歩くときってさ、片方の足を踏み出す時にまだ元の足はついてるやろ?
ここも同じようにシからドへ行く時に歩く感じで弾いてみて~」
と、言ってみてもやっぱり両手になると右手につられて切れてしまう娘

「それやと『はんにゃ』のズクダンズンブングンゲームみたいな歩き方やん~~」って言うと娘大爆笑
弾いている隣で「タン・タリラ~♪」と言いながらステップ踏んで歩く私。(怪しい)
でもなかなかできず・・・・

そんな中、後ろで聴いていた長男が一言。

「それ、『ドン・小西~♪』と思って弾いたら

ええやん!!」

後ろで「ドン・小西~」と連呼しながら踊りまくる歩きまくる長男。

試しに私が「ドン・小西~」と言いながら弾かせると
何とレガートになりました。


ちなみに娘は「ドン小西」さんは知らないそうですが

大阪地区はもう予選が終わってしまいましたが、
これから予選を迎える生徒さんをお持ちの先生方、
試しに「ドン・小西~♪」、使ってみてくださいませ!!
(レッスンでそんなことしないって??)


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。
スポンサーサイト


2010/08/26 | 20:01
レッスン風景コメント:2トラックバック:0
コメント
「ドン・小西~」・・・おもしろいですね♪
長男さん、ユーモアあふれるお子さんですね。
うちの生徒さんは、9月にリック羽曳野でグレンツェン予選を受けます。
そろそろ、本腰入れなきゃ!と思っているところです。

リンクも、させていただきました♪
ありがとうございます!
2010-08-27 金  10:07:45 |  URL | メロディハート #- [編集]
> 「ドン・小西~」・・・おもしろいですね♪
> 長男さん、ユーモアあふれるお子さんですね。
>
はははi-229 

> うちの生徒さんは、9月にリック羽曳野でグレンツェン予選を受けます。
> そろそろ、本腰入れなきゃ!と思っているところです。
>
ウチも一応はびきのに申し込みはしているんですが、
練習し始めたのが8月に入ってからで完全に間に合わなさそうですi-230
「アカンかったら和歌山があるからええわ~」という気の緩みが親子共にあるのかも・・・i-230
こういう時親子だとダメですね~(反省)

> リンクも、させていただきました♪
> ありがとうございます!
>
こちらこそ、色々教えてください。
よろしくお願いします
2010-08-28 土  13:38:18 |  URL | アリア #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


Copyright © Fun Fun Piano日記@和歌山 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?