ブルグミュラーコンクール

昨日、ブルグミュラーコンクール大阪大会 心斎橋地区が行われ、私の教室から1名参加しました。

そう、先週バスティンピアノコンクールにも参加した生徒ちゃんです。


2週続けてのコンクールになるので、いくら短い数曲とは言え、深く追求することができるのか?と考えましたが
本人の「是非やりたい!」との希望でエントリーしました。


普段の教本も進めながら(ペースダウンはしましたが)、
やはり先週のバスティンの曲が中心になっていたので、バスティンコンクール後のレッスンでは


う~ん・・・・

まだちょっとタッチがなぁ・・

押しちゃってるよなぁ・・・



という状況(;^ω^)
そりゃぁそうよねぇ。最後2週間はレッスンでもちょっとやっただけやし。


それでも細かい音の出し方やフレージングをチェックして前日にも追加レッスンに来てもらいました。
前日も「まだフレーズが最後まで聴けてへんからちゃんと自分で聴くんやで~」とアドバイス。

当日は私はリトミックの勉強会で行けなかったのでご両親に足台を持って行ってもらい・・・


演奏後のメールでは
「今までで一番の演奏でした!でも他の子たちもすごく表現豊かな子ばかりでした。
 他のコースでもうっとりするような響きで演奏する子がたくさんいました」
とのこと。


私も「同年代の子たちの素敵な演奏を聴くことが一番勉強になりますよ~
また結果が分かったらご連絡下さい♪」と返信していました。



そしてドキドキしながら結果を待っていたら



何と、先週に引き続き
コース1位!!

最優秀賞を頂きました。

ブルグコン心斎橋
お母さまがお写真を送って下さいました


12月にはブルグミュラーコンクールファイナル、バスティンコンクール全国大会とまたまた立て続けに出場することに

本当におめでとう!!
舞台に立つごとに音色も豊かに、自分で音を考えて弾けるようになってきました♪
次の舞台でもキラキラした音が出るように一緒に頑張ろうね


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


2016/11/14 | 14:16
コンクールコメント:0トラックバック:0

バスティンコンクール

昨日バスティンコンクール大阪地区予選が行われ、
私の教室からも1人出場されましたので応援に行ってきました。


実は要項を教室に置いていたところ、ご覧になられたお母さまから
「参加してみたいです!」とお話があったのが締切間際。

でもせっかく生徒ちゃんがヤル気になっているのだから
このチャンスにどんどん挑戦しましょう!と早速選曲。

バスティンコンクールは課題曲と自由曲をそれぞれ1曲ずつ演奏するそうで、
自由曲に少し難しいチャレンジ曲を希望した生徒ちゃん。

お母さまも「あと1か月で大丈夫かしら・・・?」と仰いましたが、
「今年はチャレンジと思って敢えて自分の弾きたい曲にしましょう!」
と提案、お申込み頂きました。

レッスンでもフレーズ感を出すのに苦労したり、
左手の和音の弾みが上手くできなくて1小節を何度もなんども繰り返したり、
本当に重箱の隅をつつくようなレッスンでした。

因みに最後の弾みはやっぱり「ロリポップドラム」(笑)

そしてお家でも一生懸命おさらいした結果、

バスティンコンクール
優秀賞、

しかも40名中1位を頂くことができました。


年末に名古屋で行われる全国大会に行けることになりました♪


本当に最後まで諦めなかった生徒ちゃんの頑張りと
ご両親のご協力のお陰です。


バスティンコンクールも年々レベルが上がっているそうですが、
優秀賞以外にも奨励賞や努力賞もあるらしく、お子さんの励みになるコンクールだと思いました。
来年はもっとたくさんの生徒さんが出てくれたらなぁ、と思います♪


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


2016/11/07 | 13:53
コンクールコメント:0トラックバック:0

コンクールを通して成長できること。

先日のコンクール。
全員が入賞というありがたい結果で予選を終わりましたが、
生徒さん個々の気持ちの中では悲喜交々だったようです(^^;)


念願の舞台での表彰を受けた子、目指していた賞ではなくて残念だった子、
最高位まであと1点だった子、などなど
コンクールでは色んなドラマがありました。

しかし私はあくまでもそれまでの道のりが大事だと思っています

だって努力したのはみんな一緒。(なハズ。)
その結果がたまたま金賞だった、たまたま賞状だけだった、だけかもしれなくて、
(まぁ金賞はたまたまでは取れないと思いますが)
もしかして一日前に受けていたら、審査員の先生が違ったら、
全然違う結果だったかもしれないからです。


現に前日のレッスンでも集中できなくて、私に「このままじゃ舞台に立つのも難しいよ~~~
と言われていたのに本番の集中力でトロフィーGetした子もいれば
(しかし「ここぞ!という時の集中力」も実力かも!!)
「今回は表現もついてきたわもしかしたら三賞イケるかも」と思っていたのに
本番の舞台で思うように弾めなくてちょっぴり残念だった子もいます


でもその曲を通して技術的にもそして精神的にも成長できたか。
それがコンクール出場の意義だと思います。

ある生徒ちゃんのお母さまからコンクール後に
「今まで回数でしか練習しなかった(毎日5回弾いたら終わり、など)我が子が
今回は自分で納得するまで練習したことが成長だと思います」とメールを下さいました。

正に私が一番大切と考えていることです。


だから結果に一喜一憂するのでなく、ここまで一音一音積み重ねた努力に誇りをもってほしいと思います。


昨日のレッスンでも
「フィギュアの選手でもさ、優勝したってミスがあって自分の納得した演技じゃなかったら悔しそうにしてるやん。
でもメダルに届かなくても自分の目指したした演技ができていたら納得してるやろ?
ピアノも一緒やで。
今回はスタッカートが上手にできるようになった、アルペジオがスムーズに弾けるようになった、
それこそ回数練習から脱皮できた、それが一番大事なんやで。
勿論いい点数や賞をもらったことは喜んでいいし、
逆に銅賞まであと1点だったのは何が足りなかったのか自分なりに考えるのもいい機会。
講評を見て、次への課題がもらえたのが一番の収穫やで~
と言いました。


現に、去年参加したときは賞状しかもらえなかった生徒ちゃん。
本人は大きなトロフィーが欲しかったそうです。(みんなそうよね)
それからというもの、本人自身が音に拘りを持って練習できるようになりました。
半年、一年と練習を積み重ねる毎に音色も全く変わってきました。
時には幼いながらに苦しみながら音楽へと向き合う姿もあったことでしょう。
その結果が今回金賞という素晴らしい評価につながったと思っています

こんなことを書くと「私もう何年も努力してますけどー」という声が聞こえてきそうですが
でもね、もしかしたら他の人はもっと努力しているかもしれない。
たまたま評価されるのに時間がかかっているだけかもしれない。
でも本当に努力していればいつかきっと評価される時が来ます!!


生徒ちゃんたちも親御さんたちも前向きに次への目標を持って下さり、私も本当にうれしく思います。
だって結果を恐れて、入賞を逃した時のお子さんへの接し方を恐れて、出場を諦めていては課題も見つかりませんから

勿論、強制的に出場させている訳ではありませんよ~ 
その生徒さんの性格や環境でおすすめするイベントは違いますからね。
一応、一年に1回は講評のもらえるステージに立とう!とお勧めはしていますが、
発表会のみの参加の子も沢山います。


でもサッカーや野球でも試合が沢山あるように、ピアノでも色んなイベントに参加してもらえたら嬉しいです
次は今月末のピティナ・ピアノステップ。
みんなが舞台で響きのある演奏ができるように私も精一杯指導させて頂きます



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


生徒募集を再開いたしました。
オモシロおかしくレッスンしています

若干名ですので体験レッスンご希望の方はお早めに

詳しくはこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


2016/10/11 | 14:15
コンクールコメント:0トラックバック:0

グレンツェンピアノコンクール和歌山予選

昨日、グレンツェンピアノコンクールの和歌山予選がありました。

毎年うちの教室からも何人か参加してくれます
通過率が高いことと、課題曲がそれほど難しくないので
幼児さんや低学年の生徒さんは習い始めてそれほど経っていない方でも参加できます。

でもいつも書いていますが、課題曲が易しい分皆さんかなり弾きこんで来られます。

特に和歌山予選はグレンツェンの全予選の最終日なので
前の会場で入選を逃し、練習を重ねて再受験される方、
ピティナのコンペで入賞された方など、強者揃いのコースもあったりします(・・;)。


私の教室からも昨日は7名が参加し、

金賞2名、銀賞1名、優秀賞1名、準優秀賞3名

と、素晴らしい結果をいただくことができました♡


♡♥♡入賞した生徒ちゃんたちの一部写真です♡♥♡
第26回グレンツェンピアノコンクール和歌山予選2←1年生の生徒ちゃん。私の教室に移って来て1年少し。舞台を経験するごとに音が変わってきました 

第26回グレンツェンピアノコンクール和歌山予選3←同じく1年生で4月から私の教室に来てくれました。始めは「出られるかな?」とハラハラしましたが(笑)、本番が近づくにつれ、集中してレッスンを受けられるようになりました。本番では今までで一番の演奏でした

第26回グレンツェンピアノコンクール和歌山予選1←4年生。練習ではすごーく豊かな音が出るようになってきていましたが、本番は緊張して少し音が硬くなってしまいました。でも一番の努力家です。きっと実を結ぶときが来るよ
可愛い妹ちゃんもお姉ちゃんのように上手にピアノを弾きたいそうです



どの生徒さんも発表会からの2か月ですごく音がきれいに響くようになりました。
みんなの最後の一音まで諦めない姿勢とご協力下さった親御さんのお陰です

県外の他の会場に参加した生徒ちゃんを含め、9名全員が入賞しました

次は12月の本選。
毎年のことですが、今から課題曲を選んで練習して2か月ないよー

という訳でまた先生は踊るレッスンが続きます
(何じゃそれ? 生徒のみんなは知っている)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


生徒募集を再開いたしました。
オモシロおかしくレッスンしています

若干名ですので体験レッスンご希望の方はお早めに

詳しくはこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


2016/10/11 | 13:53
コンクールコメント:0トラックバック:0

グレンツェンピアノコンクール奈良予選

今日は来月のグレンツェンピアノコンクール和歌山予選のホール練習会をしましたが、一足お先に奈良予選に出場したHちゃん。

朝一番でホール練習をして車で向かいました🚙。

私は他の生徒さんたちのレッスンがあったので同行できませんでした💦

今朝の感じではかなり弾んでしっかり弾けるようになりました。


結果は、


準優秀賞でした✨

お母さんの話によると、後半で少しミスがあったそう。

舞台では時々ミスもあります。

でもそれでも入賞できたのは全体的にまとまって弾けていたから❤


ミスをしてもいかにそこから落ち着いて良い演奏をするか。それが大事ですよねー。

そして今までの練習で一音一音積み重ねてきた道のりが大切です✨

Hちゃん、次の本選に向けてまた頑張る!と言ってくれているそう。
それこそが一番の収穫です✨

Hちゃん、本当におめでとう🎉
そして遠くまでお連れ下さったお父さまお母さまもありがとうございます🎶

和歌山予選を受けるみんなもあともう少し、響きのある音づくりしていこうねー❤


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒募集を再開いたしました。
若干名ですのでお早めに

詳しくはこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


2016/09/22 | 20:24
コンクールコメント:0トラックバック:0

Copyright © Fun Fun Piano日記@和歌山 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?